*2018 年3 月13日に発表されたプレスリリースの抄訳です

タワージャズ、業界初の先進的なEDAツールサポートを備えたオープンなファンドリSiPhoデザインキットを発表

ケイデンス社、シノプシス社、ルーメリカル社との協業により、光トランシーバー製品市場向けSiPho IC設計のプラットフォームが実現

ミグダルハエメク(イスラエル)、2018年3月13日 ― グローバルスペシャルティファンドリリーダーのタワージャズは本日、初のオープンシリコンフォトニクス(SiPho)生産プロセス(PH18MA)を発表しました。これは商業ファンドリが提供するもので、業界最先端の設計プラットフォームを備え、光ネットワークとデータセンターの相互接続アプリケーションをターゲットにしています。タワージャズの「オープン」プラットフォームは、一定のお客様のみに提供するような低容量のプロト製品に制限する他の「クローズド」プロセスと異なり、SiPhoを採用するお客様すべてに提供されます。このSiPhoプロセスは、世界各国にある同社の製造工場のうち2か所で現在認証されているSiGe BiCMOSプロセスを補完し、製造保証と柔軟性をお客様に提供します。

MarketsandMarkets(マーケットアンドマーケット)社のレポートによれば、SiPhoマーケット全般の年平均成長率が2023年までに20%を超えると予想されています。SiPhoは、データセンターや高性能コンピューティング、遠隔通信、軍事、防衛、航空宇宙アプリケーション向けの電気光学集積回路やトランシーバーの製造を対象とする、費用対効果が高くスケーラブルな技術となる可能性を秘めています。タワージャズのSiPhoプロセスは、消費電力の低減や高帯域幅、そして高いデータ転送能力などの、これらアプリケーションの高度な要件に対応しています。

タワージャズおよびSiPho電子設計自動化(EDA)の業界リーダー各社(ケイデンス、シノプシス、ルーメリカル)は、本プラットフォームを対象とする設計開発で協力してきました。タワージャズの電子フォトニックデザインオートメーション(EPDA)PDKソリューションは、ケイデンス社のVirtuosoプラットフォームを通じて集積化された設計環境を提供し、市場への早期投入を可能にしました。タワージャズはスペシャルティファンドリの経験と長年にわたる電子デザインイネーブルメントを、ケイデンスは光回路図キャプチャ、レイアウトおよび回路シミュレーションを、シノプシスはPICレイアウト合成能力をそれぞれ提供するほか、ルーメリカルはフォトニックシミュレーションで業界トップに立っています。

ケイデンス社の研究開発、カスタムIC & PCBグループ担当コーポレートバイスプレジデントのGlen Clark氏は次のように述べています。 「タワージャズのSiPhoプロセスと密接に組み合わせることで、広く採用されているケイデンスのVirtuosoカスタムIC設計プラットフォームは、開発がより容易で集積化されたフォトニクスシステムを備えた使いやすいツールをお客様にお届けします。今や設計者は、ルーメリカル社との協調シミュレーションから先進的なVirtuosoプラットフォームの高品質電気光学回路図を中心に構築されたレイアウト生成にいたるまで、双方向かつ集積化された設計フローにアクセスすることができます。当社のパッケージングやシステム分析ツールにVirtuosoプラットフォームを組み込むことで、お客様はシリコン設計全体、および電子/フォトニック設計を対象とする分析環境にアクセスすることが可能となり、設計サイクルの予測可能性を高めています」

PDKには、シングルモードシリコン導波管、高速ゲルマニウム光検出器、pn接合モジュレーター、エッジおよび回折格子連結器向けのイネーブルメントなど、SiPho設計に必要な数種類のコンポーネントが含まれます。

シノプシス社によるPhoeniX SoftwareのOptoDesignerは、設計の意図をタワージャズのSiPhoプロセスにおけるデザインルールに適合した回路レイアウトに変換するため、フォトニック合成を使用して安定した設計製造性を確保しています。同社のPhoeniX Softwareツール担当グローバルビジネス開発マネージャーのNiek Nijenhuis氏は次のように述べています。「設計者は、パフォーマンス要件を達成するために当社の集積フォトニックシミュレーターを使って設計やレイアウトを最適化し、コンセプトからテープアウトまでの時間を最短化することができます」

ルーメリカル社のCTOであるJames Pond博士はこう述べています。「タワージャズの業界最先端のPH18MAプロセスやデバイス専門家と緊密に連携し、ルーメリカルの光集積回路シミュレータであるINTERCONNECTを使って他に類を見ないシミュレーション力をお客様に提供しています。単体PICシミュレーションに加え、タワージャズのために開発したコンパクトモデルライブラリ(CML)は、INTERCONNECTやSpectre AMS Designerを用いた電気的/光学的回路向けの業界随一の協調シミュレーションフレームワークを実現しています。そのすべてがVirtuosoプラットフォーム内で稼働しています」

タワージャズのRFおよび高性能アナログビジネスユニット担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるMarco Racanelli博士は次のように述べています。「シリコンフォトニクスファンドリ分野の第一線に立ち、光トランシーバー製品市場向けに業界最先端のSiPhoデザインイネーブルメントプラットフォームをお客様に提供できることを嬉しく思います。ケイデンス社、シノプシス社、ルーメリカル社といった業界リーダーたちとのパートナーシップにより、過去に類のない高性能製品を市場にもたらしています」

タワージャズのSiPhoプロセス向けSiPho PDKの詳細は、info@towerjazz.comまでお問い合わせください。

タワージャズについて
タワーセミコンダクター株式会社 (NASDAQ: TSEM, TASE:TSEM)は、その子会社とタワージャズというブランド名でグローバルに事業を展開するスペシャルティファンドリのリーダーです。タワージャズは、コンシューマー、産業機械、車載用、医療用、航空宇宙・防衛などの成長市場で次世代の集積回路(IC)を生産しており、SiGe、BiCMOS、ミックスドシグナル/CMOS、RF CMOS、CMOSイメージセンサ、パワーマネージメント(BCDおよび700V)、MEMSなど、カスタマイズが可能なプロセスプラットフォームを幅広く提供しています。また迅速かつ正確なデザインサイクルを実現する世界クラスのデザインイネーブルメントを提供し、IDMやキャパシティ拡大を必要とするファブレス企業向けにはTransfer Optimization and development Process Services(TOPS)を提供しています。複数のファブを使ってサービスを提供するために、タワージャズはイスラエルに2か所(150mmと200mm)、米国に2か所(200mm)、日本に3か所(200mmと300mm)の生産拠点を保有しています。詳細は www.towerjazz.com をご覧ください。

Contacts:

TowerJazz Company Contact:

Lauri Julian | +1 949-280-5602 | lauri.julian@towerjazz.com

TowerJazz Investor Relations Contact:

Noit Levi | +972-4-604-7066 | noit.levi@towerjazz.com