*2018 年11 月6日に発表されたプレスリリースの抄訳です

レダーテックが次世代車載向けLiDARにタワージャズの0.18um CIS SPAD技術を採用

CMOS、CIS、SPADを一チップに統合し、自動運転やADAS分野のお客様に高いパフォーマンスを提供しつつシリコンやコストを削減

イスラエル ミグダルハエメク およびカナダ ケベックシティ、2018年11月6日 – グローバルスペシャルティファンドリリーダーのタワージャズと、拡張性に優れ、使いやすい車載用LiDAR(光検出および測距)開発プラットフォームの業界リーダーであるレダーテックは本日、CMOS、イメージセンサ、SPADを同一チップ上で組み合わせたタワージャズの0.18um CMOSイメージセンサ(CIS)SPAD(単一光子アバランシェフォトダイオード)プロセスがレダーテックの次世代車載向けLiDARソリューションに採用されたことを発表しました。タワージャズのプロセスは高PDE(光子検出効率)、高温にも対応する低DCR(暗計数率)、超低ジッタというクラス最高レベルの性能指数を可能にし、世界で最も優れた組み込みSPADを実現します。

タワージャズの0.18um CIS SPADプラットフォームは卓越した性能指数を有する統合ソリューションを提供します。そのPDEは市場における主要なスタンドアロンのSPADと同等あるいはさらに優れています。また、DCRは60℃で100Hz未満、100℃でも1kHz未満で(特に車載アプリケーションに有効)、ジッタは1ナノ秒未満です。この優れたプラットフォームはシリコンの節約にもなり、結果として量産コストを削減します。

レダーテックのLiDARソリューションによって自動車にアクティブセーフティシステムと半自律運転機能を備えることができ、完全な自動運転への道を開きます。LiDARは、レーダーの原理に基づいて動作するもののレーザーによる光を利用する検知システムで、遠距離でも高解像度での検出が可能なため自動運転に不可欠なものと考えられています。調査会社のIHS Markitによれば、車載向けLiDAR半導体の市場規模は2026年には18億ドルに達し、2018年から2026年までの年間平均成長率は37%になると予測しています。レダーテックのSoCはTier1ベンダーが極めて競争力の高い価格で量産することが可能であり、OEM各社の要件に合わせてカスタマイズされたLiDARシステムを供給します。

タワージャズはマーケットリーダーとの緊密なパートナーシップやロードマップのすり合わせ、そして世界レベルのグローバルカスタマーサービスを通じて開発されるクラス最高のテクノロジーソリューションを提供し、ADASや自動運転の要件を満たすために必要な車載向け半導体コンテンツの急速な拡大に対応しています。常にお客様に柔軟な供給や生産能力を提供できるよう、タワージャズは主要なプロセスについては地理的に離れた少なくとも2つの工場で品質認証を取得しています。

レダーテックの社長兼COOであるFrantz Saintellemy氏は次のように述べています。「当社がタワージャズを選択した理由は技術的知識の深さ、柔軟性の高さ、カスタマイズ能力、そして最高の組み込み技術を有しているからです。タワージャズとの密接な連携によって当社はより迅速にLiDARプラットフォームを市場に投入し、差別化された優れた車載向けLiDAR機能を開発しようというTier1企業に対して他にはない価値ある提案をすることができます」

また、タワージャズ、CMOSイメージセンサ部門のシニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めるAvi Strum博士は次のようにコメントしています。「当社は最先端のCIS SPAD技術によって、成長するLiDARおよび車載市場向けに画期的な製造ソリューションを提供することができます。レダーテックのようなソリッドステート型LiDAR技術の真のイノベーターと協業できることを嬉しく思います」

レダーテックの社長兼COOのFrantz Saintellemy氏は、2018年11月7日にカリフォルニア州サンノゼで開催される米国タワージャズのテクニカルグローバルシンポジウム(TGS)で「自動運転とADASの将来を牽引する市場要因」と題して講演を行う予定です。タワージャズが提供する車載向けCISについての詳細はこちらをご覧ください。

タワージャズについて

タワーセミコンダクター株式会社 (NASDAQ: TSEM, TASE:TSEM)は、その子会社とタワージャズというブランド名でグローバルに事業を展開するスペシャルティファンドリのリーダーです。タワージャズは、コンシューマー、産業機械、車載用、医療用、航空宇宙・防衛などの成長市場で次世代の集積回路(IC)を生産しており、SiGe、BiCMOS、ミックスドシグナル/CMOS、RF CMOS、CMOSイメージセンサ、パワーマネージメント(BCDおよび700V)、MEMSなど、カスタマイズが可能なプロセスプラットフォームを幅広く提供しています。また迅速かつ正確なデザインサイクルを実現する世界クラスのデザインイネーブルメントを提供し、IDMやキャパシティ拡大を必要とするファブレス企業向けにはTransfer Optimization and development Process Services(TOPS)を提供しています。複数のファブを使ってサービスを提供するために、タワージャズはイスラエルに2か所(150mmと200mm)、米国に2か所(200mm)、日本に3か所(200mmと300mm)の生産拠点を保有しています。詳細は www.towerjazz.comをご覧ください。

レダーテックについて

レダーテック(LeddarTech)は、レダーSP(Leddar SP)ソフトウェアと統合して機能する車載グレードの機能安全認証を受けたSoCの組合せで構成される独自のレダーエンジン(Leddar Engine)に基づく、拡張性に優れた使いやすい車載向けLiDAR開発プラットフォームの業界リーダーです。同社は最先端のモビリティリモートセンシングアプリケーションにおいて様々な技術革新を行っています。レダーテックの特許取得済み技術は自動車のアクティブセーフティ、自動運転、インテリジェント輸送、都心で使用される商用車などの改良に貢献しています。レダーテックについての詳細な情報は、www.LeddarTech.com、LinkedIn、Twitter、YouTubeからご覧いただけます。

Contacts:

TowerJazz Company Contact:

Orit Shahar | +972-74-7377440 | oritsha@towersemi.com

TowerJazz Investor Relations Contact:

Noit Levi | +972-4-604-7066 | noit.levi@towerjazz.com

LeddarTech Company Contact:

Daniel Aitken|+1-416-653-9000| Daniel.aitken@leddartech.com