*2019 年3 月5 日に発表されたプレスリリースの抄訳です

タワージャズ、先端の300mm 65nm RF CMOSプラットフォームを使用してAxbio社のIVD用バイオCMOS-IC開発に成功

医療市場に最先端ソリューションをもたらす革新的なデバイス、2019年半ばまでに量産開始予定

イスラエル、ミグダル ハエメクおよびカリフォルニア州サンノゼ201935— グローバルスペシャルティファンドリリーダーのタワージャズとシリコンバレーを拠点に医療市場向け最先端ソリューションを提供するハイエンドな開発企業であるAxbio社は本日、マイクロ流体技術を利用した遺伝子検査のための体外診断(IVD)用バイオCMOSを開発したと発表しました。これはタワージャズの65nm RF CMOSプラットフォームをベースにしており、魚津(富山県)の300mm製造工場で開発に成功したものです。極めて革新的な自動化機能とディスポーザブルカートリッジを有する他に類をみないこのデバイスは医療市場に最先端のソリューションをもたらすものであり、2019年半ばまでに量産体制が整う予定です。

この画期的テクノロジーを持つデバイスによって、臨床検査室の施設内で検査ができるようになり、血液サンプルを外部に送って検査結果を待つ必要がなくなります。さらに、微量の採血で全ての診断が可能なため非常に効率的で、かかる時間や費用が少ない上、最小限の労力でごく短時間のうちに極めて正確で完全な検査結果が得られます。

Axbio社のマイクロ流体技術を用いたCMOSプラットフォームデバイスおよびシステムは分子診断、新薬開発、リキッドバイオプシー、微生物学、農業、環境科学など多くの健康関連アプリケーションに最先端技術をもたらすものと期待されています。

タワージャズの65nm RF CMOSプラットフォームは、MOSFET、インダクタ、および伝送回路の最先端のRFモデリング、非常に多数な金属の組み合わせ、およびRF CMOS要素のフルセットで、幅広いCMOSおよびRFアプリケーションをサポートします。65nmのミリ波テクノロジーを必要とするWiFi 802.11、ワイヤレスHDMI、WiGiなどのRFアプリケーションは、最大110GHzのモデリング機能を活用できるようになりました。当社はカスタマイズされたプロセスソリューションとその最適化されたレイアウトによって超高解像度で超高密度(UHD)のセンシングアレイを実現しており、IVD市場の極めて特殊なニーズに応えています。加えて、このプラットフォームは車載用としても認定されています。

Axbio社のCEOであるHui Tian博士は次のように述べています。「タワージャズを選択したのは、柔軟性が高く、先進の65nm RF CMOSプラットフォームを当社のマイクロ流体技術と統合させる高い能力があるためです。タワージャズの製造に関する膨大な専門的知見によって、当社は次世代IVDシステムに求められる性能の向上と共に一部の市場セクターのニーズをうまく満たすことができます。タワージャズは長年に渡って当社の開発パートナーであり、共に技術を成熟させながら新たなビジネスチャンスにつなげてきました。」

タワージャズのパワーマネージメントおよびミックスドシグナルビジネスユニット担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるShimon Greenberg氏は次のように述べています。「Axbio社のIPとタワージャズの最新のプロセス、製造能力、ノウハウが組み合わされることで、当社はハイエンドで競争力のある組み込みソリューションを多様な市場に提供することができます。Axbio社とのパートナーシップによってIVDシステムや医療という成長市場における当社のRF CMOSの存在感も高まっています。」

タワージャズの65 nm RFCMOSについての詳細はこちらをご覧ください

タワージャズのテクノロジーについての詳細はこちらをご覧ください。

Axbio社について

Axbio社は米国、中国、ヨーロッパに開発グループを有するシリコンバレーの新興企業です。半導体、チップ開発、ナノテクノロジー、マイクロ流体工学、バイオテクノロジー、バイオインフォマティクスの専門家によって設立され、多くの製品の大量生産開始に成功した実績があります。また、高性能配列解読装置や分子診断が可能なマイクロ流体技術を用いたバイオCMOSプラットフォームを開発しています。このプラットフォームは汎用性があり、ポイントオブケアの診療現場や消費者向けの低価格小型デバイスから独立系研究所や病院向けの完全に自動化された機器まで幅広いシステムの製造が可能です。Axbio社はディスポーザブルバイオチップや試薬の他に、シーケンスや診断のためのシステムを提供しています。主なアプリケーションにがんの迅速診断、病原体の迅速検出、医薬品開発などがあり、いずれも包括的な検査の正確さ、スピード、コストが何よりも重要な分野です。当社に関する詳細はwww.axbio.coをご覧ください。

タワージャズについて

タワーセミコンダクター株式会社 (NASDAQ: TSEM, TASE:TSEM)は、その子会社とタワージャズというブランド名でグローバルに事業を展開するスペシャルティファンドリのリーダーです。タワージャズは、コンシューマー、産業機械、車載用、医療用、航空宇宙・防衛などの成長市場で次世代の集積回路(IC)を生産しており、SiGe、BiCMOS、ミックスドシグナル/CMOS、RF CMOS、CMOSイメージセンサ、パワーマネージメント(BCDおよび700V)、MEMSなど、カスタマイズが可能なプロセスプラットフォームを幅広く提供しています。また迅速かつ正確なデザインサイクルを実現する世界クラスのデザインイネーブルメントを提供し、IDMやキャパシティ拡大を必要とするファブレス企業向けにはTransfer Optimization and development Process Services(TOPS)を提供しています。複数のファブを使ってサービスを提供するために、タワージャズはイスラエルに2か所(150mmと200mm)、米国に2か所(200mm)、日本に3か所(200mmと300mm)の生産拠点を保有しています。詳細は www.towerjazz.com をご覧ください。

 

Contacts:

TowerJazz Company Contact:

Orit Shahar | +972-74-7377440|oritsha@towersemi.com

TowerJazz Investor Relations Contact:

Noit Levi | +972-4-604-7066 | noit.levi@towerjazz.com